IPO日記

IPO(新規株式公開)に関する事柄について、関係イベントについて、日々感じること、思うことを書き連ねていきます
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< VBにとってIPOだけが出口ではないという説に潜む大きな問題がある | main | 東北にプロ経営者育成機関設置は急務 >>

私はマルチなターンアラウンダー

0

    昨日、若手起業家と、IPO談義から始まり、奥深くも面白すぎる中小企業の経営に関して楽しい歓談の時間を過ごしました。私より30歳以上はお若いと感じましたが、迅速で正確なレスポンスがとても心地よかったです。おまけに、私がいままで悩んでいた「自分の職業名」についても的確なアドバイスをくれました。とてもありがたかった。いわく、「ターンアラウンド系」。そうか、IPOプロではなく、「ターンアラウンド系」。つまり、不振企業の再生がメインであり、その最終出口としてのIPOの2社成功であり、メインは企業の再生であったことに気づかせてくれました。何かと誤解の多い「IPOプロ」という肩書は奥に引っ込めて、今後は、中堅中小企業向けの「マルチ・ターンアラウンダー(MULTI‐TURNAROUNDER)」として生まれ変わりたいと思った次第です。ありがとうございましたK社長。

    - | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする