IPO日記

IPO(新規株式公開)に関する事柄について、関係イベントについて、日々感じること、思うことを書き連ねていきます
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | -
    << 【IPOプロジェクトリーダー観】について思う | main | 私はマルチなターンアラウンダー >>

    VBにとってIPOだけが出口ではないという説に潜む大きな問題がある

    0

      先日、VB(ベンチャービジネス)にとって、IPOだけが出口ではない、M&Aを視野に入れた戦略もあるというテーマの座談会を拝聴しました。お説ごもっともであり、IPOだけが出口ではないことは承知しております。米国では、VBのEXITとして、IPO2割、M&A8割という比率が現状で、対する日本は、IPO8割、M&A2割と真逆の状況があるという話も目新しい話ではありませんでした。私が注目したポイントは、日本でなぜIPOが伸びないかという点において、VC(ベンチャーキャピタル)が、VBにIPO前に出資する条件として「株の買戻し契約」を締結するということです。この契約について、以前にも耳にしておりましたが、どんどんエスカレートしている様子が感じられました。詳しい内容はここでは触れませんが、VCが出資金を回収するリスクヘッジとして、IPOできなかったときに、VB側に、出資金相当の金額をVCに支払うという条件です。私は、これがIPO不人気の理由の最大のものではないかと考えております。資金回収を図るのはもちろんですが、IPOができないときは契約解消で、出資金返済とは、本来の意味のVCとは言えないと思うのです。これでは返済期限付き借入と同じです。IPO市場の不活性化と上場企業数の伸び悩みはここにあるのではないでしょうか。

      - | permalink | comments(0) | -

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | -

        この記事に対するコメント

        コメントする